自費出版なら好きな本を出せる

自費出版の理想的な方法

自費出版とは一口に言ってもその仕方や予算は様々です。たとえば自費出版の中でも個人出版と呼ばれる方法は全てのプロセスを自分で行うことになります。それこそ執筆だけでなく、編集も印刷も販売も全てです。そのぶん費用は抑えることができますが、当然のことながらこの方法はかなり大変です。幅広い知識と労力が必要になります。また、個人出版の方法としてもう一つ、協力出版というものがあります。
最近では自費出版といえばこの協力出版を指します。協力出版というのはその名の通り出版社と協力して本を出版することとなります。そもそも協力出版というのは出版しても構わないが採算が取れないと判断された本を、初版にかかる費用を全額執筆者が負担することによって行われます。こちらは各工程で業者の手を借りることになるので個人出版よりはるかにお金がかかります。
ですが、個人出版との最も大きな違いは販売ルートを出版社の持つもの使って書店に実際に本が並ぶということです。そのため売れれば印税が戻ってくることになります。また、全ての工程を業者の手を借りることによって普通に書店に並んでいる本と遜色ないものが出来上がります。そのため、この方法は自費出版の理想とも言えます。

業者に頼る事も大事

自費出版と言ってもそれが具体的にどう言ったものか知らずに、なんとなく自分で費用を出して本を出版することだということしか知らない方も多いのではないでしょうか。自費出版とは一口に言っても、その仕方は一つではありません。そのため、自費出版の目的や金銭面によって自費出版の行い方は変わってきます。そもそも、自費出版といえば全ての工程を自分で行い費用も負担するというイメージではないでしょうか。
そのように全てのプロセスを自分で行う自費出版の方法を個人出版といいます。個人出版は本当に執筆から編集だけでなく、印刷や販売までも自分で行う方法です。そのため小冊子程度ならともかくとして、様々な知識と多大な労力をかけないときちんとした本を作ることができませんし、販売について言えば流通にのせることなどほぼ不可能です。
もちろん費用について全てのプロセスを自分で行うことによって抑えることができます。ですが、この方法で理想的な自費出版を行うためには適度に業者の手を借りるのがおすすめです。また、もう一つ協力出版というのがあり、こちらその名の通り出版社の協力してを得て行う自費出版です。こちらの方法なら販売の時も自費出版の持つルートから実際に書店に並ぶので売り上げが良ければ印税によってお金が帰ってきます。

ニュース一覧

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ピックアップ

自費出版なら好きな本を出せる

自費出版の理想的な方法 自費出版とは一口に言ってもその仕方や予算は様々です。たとえば自費出版の中でも個人出…

もっと読む

自費出版に必要な知識

自費出版と協力出版 自費出版と聞いてもなんとなく自分でお金を出して本を出版するんだろうな、といういったよう…

もっと読む

自費出版にはお金がかかる

自分の好きな事を本にできる 本を売ることは大変なことです。最近ではネットの台頭により人々が本を読む機会が減…

もっと読む

責任をとるということ

見積もりをしておく 自費出版とは自分の作品をほかの人に伝えたいというメッセージを込めて、出版をするものです…

もっと読む