自費出版にはお金がかかる

自分の好きな事を本にできる

本を売ることは大変なことです。最近ではネットの台頭により人々が本を読む機会が減り、本が売れない時代とも言われています。そのため本屋に並ぶようなある程度のセールスが期待できる本を出版するのはとてもハードルの高いことなのです。出版社は商売として本を作っているため利益が期待できるものしか本にはしたがりません。そのため出版社は本を作る前に、企画段階からその本が商業的に成功するかどうかを厳しくチェックすることになります。
そもそもなぜ出版社が売れるかどうかを厳しくチェックするのかというと、本を出版する費用を出版社が負担しているからです。出版費用に比べて売り上げが少ないと赤字になってしまい経営が立ちいかなくなってしまいます。そこでもうひとつの出版方法として、出版費用を作者の自己負担とする出版方法があります。
「自費出版」と呼ばれ、この方法をとることで出版社が赤字を被るリスクが減り、作者としても本を出版するハードルがグッと低くなります。また商業的なことを考える必要がないため、自費出版は自伝や趣味についての本など作者の好きな内容の本を出版することができます。自分の書いたものを本として残したいという方は自費出版を考えてみてもよいかもしれません。

自由に作成出来る

自費出版を行うことによって、どのような本でも自由に作ることができます。自分でこだわりを形にすることもできますし、身内に配るような本でも製作が可能です。また印刷する冊数も自由に決めることができますし、比較的少部数から受け付けてもらうことができます。売れ行きを見ながら追加で作ることもできるので、自由度が高いことがポイントです。もちろん自費出版ですから、印刷費用は自身が払わなければなりません。
そのため一冊あたりの値段として、出版社が出している本のように安くならないことは覚悟しておきましょう。自費出版で本を作っている人はたくさんいます。そのようなイベントも多数開催されていますし、自費出版から売れる作家も最近はいるのです。多くのパターンでは、イベントなどを利用することによって徐々に口コミなどで広まることが多いようです。
最近はインターネットなども発達しており、自費出版でも面白い本を購入する人が多くなっています。もしも自費出版をしようと考えているのであれば、印刷会社についてはしっかりとチェックをしておきましょう。価格なども異なりますし、扱っている紙やカラーなども違うため好みに合うところを選択するのが大切になります。

ニュース一覧

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ

自費出版なら好きな本を出せる

自費出版の理想的な方法 自費出版とは一口に言ってもその仕方や予算は様々です。たとえば自費出版の中でも個人出…

もっと読む

自費出版に必要な知識

自費出版と協力出版 自費出版と聞いてもなんとなく自分でお金を出して本を出版するんだろうな、といういったよう…

もっと読む

自費出版にはお金がかかる

自分の好きな事を本にできる 本を売ることは大変なことです。最近ではネットの台頭により人々が本を読む機会が減…

もっと読む

責任をとるということ

見積もりをしておく 自費出版とは自分の作品をほかの人に伝えたいというメッセージを込めて、出版をするものです…

もっと読む